プロベラ 節分・・・鬼の面かぶらないで: 京都日記〜独り言〜
ネットで安い航空券探すなら!エアトリ

2019年02月02日

節分・・・鬼の面かぶらないで

節分と言えば、「」。
我が家でも子どもたちが小さい時分は、
スーパーで売られている豆に付いてくる鬼の面をかぶって
「福は内〜、鬼は外〜」と豆まきをしていました(^^;
鬼の面は紙で出来ていましたので、こちらは安全といえば安全ですが...。
プラスチック製は気を付けないとやっぱり危険でしょうね〜。
そして、今年の恵方は「東北東」ですね。
明日はよそのご家庭でも皆さん「東北東」を向いて、
恵方巻をがぶりと食べられるのでしょう(^^

3日の節分には、鬼に扮(ふん)してお面を着ける人も多いのでは。
だが近年、「顔にかぶると視野・視界が狭くなり危険」などと記された品が増えているという。
兵庫県西宮市のスーパーで売られていた「面付き福豆」。
プラスチック製の鬼の面を裏返すと、確かに注意書きがあった。
「玩具安全マーク(STマーク)」事業を担う一般社団法人日本玩具協会(東京)によると3年前から、
お面にSTマークを認める条件として「顔にかぶせないことを指示する注意書き」を商品に示す基準を明文化。
頭かおでこに着けるよう求めているという。





ラベル:節分 豆まき
posted by いまいま at 17:41| 京都 ☀| Comment(0) | ニュース〔一般〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。