プロベラ KEIKOさん状態安定も…言葉は「依然発せない」: 京都日記〜独り言〜
ネットで安い航空券探すなら!エアトリ

2011年10月30日

KEIKOさん状態安定も…言葉は「依然発せない」

音楽プロデューサーの小室哲哉(52)が29日、くも膜下出血の手術を受け入院中の妻で「globe」のKEIKO(39)について、ツイッターで近況を報告した。「きのうはなんとウツがお見舞いに顔だけ出してくれました」とつぶやき、「TM NETWORK」の仲間、宇都宮隆(54)が病院を訪ねてきた話を紹介した。関係者によると「KEIKOの状態は安定しているが、言葉は依然発せない状態が続いている」という。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111030-00000052-spnannex-ent



最初、くも膜下出血でKEIKOさんが倒れたというニュースを見て、
39歳という若さでも「くも膜下出血」になるんだ、とビックリげっそり

実際、テレビでも病院の先生が言っていましたが、
30〜40代の女性に多く、遺伝もあるんだとかがまん顔

KEIKOさん、まだ言葉が発せないということですが、
はやく回復できますようお祈りしますクローバー下矢印1よろしければぽちっと応援お願いしますメロディにほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村




posted by いまいま at 07:51| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース〔芸能・エンタメ〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。