プロベラ 浙江大学が卓球をするロボットを開発‎: 京都日記〜独り言〜
ネットで安い航空券探すなら!エアトリ

2011年10月13日

浙江大学が卓球をするロボットを開発‎

浙江大学知能システム・制御研究所ロボット実験室が開発したシミュレーションロボット「悟」と「空」が9日、発表された。卓球をすることができるこの2体のロボットは頭に設置したカメラでピンポンボールの空中での運動のコースを捉えてボールの落下地点を予測し、それに反応する動作を行なって人間との卓球の対戦も行なうことができるという。4年以上かけて開発されたロボットの「悟」と「空」は身長1.6メートル、体重55キログラムで、ロボット分野の多くの先進技術の結晶だ。ボディーには高強度の軽質材料と加工技術が用いられ、全身に30の関節があり、腕だけでも7つの自由な運動が可能だ。浙江大学では今後、より柔軟でスピードの速いロボットの開発を進め、認識技術と結合させて、家庭用にサービスを提供する人型のロボットを開発したいとしている。
http://www.asahi.com/international/jinmin/TKY201110100140.html


さすが、卓球王国「中国」ですね...
卓球ができるロボットを開発したということですが、
実際、きちんと動いてくれるのでしょうか???

takkyuurobot.jpg


下矢印1よろしければぽちっと応援お願いしますメロディにほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村




posted by いまいま at 22:00| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース〔卓球〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。