プロベラ 卓球ジュニア「世界一」: 京都日記〜独り言〜
ネットで安い航空券探すなら!エアトリ

2011年08月06日

卓球ジュニア「世界一」

インド・ニューデリーで7月にあった第17回アジアジュニア卓球選手権大会シングルスで、野田学園高3年の吉村真晴(まはる)選手(18)が日本人で初めて優勝を果たした。世界最強とされる中国の選手を準決勝、決勝で破り、18歳以下の選手では実質「世界一」となった。
http://mytown.asahi.com/yamaguchi/news.php?k_id=36000001108060001


団体、ダブルスでも準優勝した。5日、県庁で二井関成知事からメダル栄光・体育賞を贈られた吉村選手は「団体の決勝で中国と対戦した映像を見て、球に対するブロック(防御)のコツをつかんだ。素直にうれしい」とはにかんだ。

9日からは青森市で全国高校総体に臨む。昨年はダブルスを制したが、団体は準優勝。決勝で青森山田高にフルセットの末に6連覇を許し、1年間、雪辱を目標にしてきた。「敵地だけれど、やってやるぞという気持ち。目標はシングルス含めての3冠です」。10月7〜10日、柳井市のバタフライアリーナである国体(卓球少年男子)にも出場する。

k_img_render.jpg

中国選手を破るとは...素晴らしいですよねexclamation×2
下矢印1よろしければぽちっと応援お願いしますメロディにほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村




posted by いまいま at 15:00| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース〔卓球〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。